Home > 外国為替証拠金取引(FX)の手数料 > 外国為替証拠金取引(FX)の手数料とスプレッド

外国為替証拠金取引(FX)の手数料とスプレッド




外貨預金に比べて、手数料が安いことが、外国為替証拠金取引(FX)の魅力ですが、その手数料のことしか考えていないと損をしてしまう場合があります。

そのため、このコラムでは、取引に必要なコストについて考えてみましょう。

外国為替証拠金取引(FX)の手数料

外国為替証拠金取引(FX)の手数料については、別のコラム「利息も稼げる:外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイント」で、外貨預金のケースと比較しながら、いかに外国為替証拠金取引(FX)の手数料が安いかという説明をしました。

外貨預金では、預け入れ時と引き出し時の2度にわたり、1ドル当たりおよそ1円の手数料を銀行に払わなければなりません。これでは、金利が高い外貨預金であっても、受け取る金額が随分と減ってしまいます。

一方、外国為替証拠金取引(FX)の手数料は無料もしくは1ドルあたり10銭ほどです。この手数料を常に頭に入れながら、どのくらいの為替レートで売り買いをすれば良いかを考えることになります。

ただし、注意しなければならないのは手数料だけではありません。

外国為替証拠金取引(FX)には、スプレッドが存在します。

スプレッドとは、買値(ビッド)と売値(アスク)の価格差のことを表し、実際はこの価格差を手数料として考えることもできます。

このスプレッドは、外国為替証拠金取引(FX)を扱う取引業者によって異なります。個人投資家にとって、このスプレッドが小さいほど取引コストが少なくなるため、自分の利益が大きくなることを表しています。

このような仕組みである、外国為替証拠金取引(FX)。

どのような費用が必要になるかを理解した上で、自分なりの視点で、外国為替証拠金取引を試してみましょう。

日本の銀行にいつまでも預金していても利息は微々たるものです。

リスクを分散するためにも、多少はハイリスク、ハイリターンの金融商品に、自分の資産をわけて運用したいものです。





Home > 外国為替証拠金取引(FX)の手数料 > 外国為替証拠金取引(FX)の手数料とスプレッド

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top