Home > 外国為替証拠金取引(FX)入門 > 「売り」からできるのが特徴:外国為替証拠金取引(FX)

「売り」からできるのが特徴:外国為替証拠金取引(FX)




外国為替証拠金取引(FX)の特徴の一つが、「売り」から開始できること。

普通の外貨投資の場合、

円を売って、ドル(他国通貨)を買う

これが基本ですね。

ところが、外国為替証拠金取引(FX)の場合、ドルなどの他国通貨が現在手元になくとも、その通貨を売ることができます。

売りからできる外国為替証拠金取引(FX)

なぜ、外国為替証拠金取引(FX)の場合、売りから始めることができるのでしょうか。

それは、以下の仕組みがあるからです。

外国為替証拠金取引の場合、最初に証拠金を預け入れなければなりません。

その証拠金が担保となるため、自分が他国通貨を持っていなくとも、自分が取引をしている業者が持っている他国通貨を借りて、売却することができるのです。

このようなビジネスが成立するのは、担保がしっかりとあるからですね。担保がなければ、取引業者も、利用者が持っていない通貨での売買を許すはずがありません。

この柔軟さが、外国為替証拠金取引の魅力です。

たとえば、ドルに対して円安になっている時に、今後円高になり、ドル安になると予想できる場合、「ドル売り、円買い」をしたくなります。

ただこの時に、自分の手元にドルがなければ売ることができないのが通常の外貨投資ですが、外国為替証拠金取引の場合は前述のように担保があるので、「ドル売り」をすることができるのです。

手元に持っている通貨に制限されることなく、取引をできるため、利益を出しやすい局面が増えるのです。

株式の信用取引も、同じような仕組みですが、外国為替証拠金取引の場合、自分が決めた額の証拠金さえあれば、どのような局面でもビジネスチャンスを作ることができるのです。

この仕組みを理解しながら、外国為替証拠金取引を行なうために、どの取引業者が良いかを、いろいろと調べてみましょう。

業者によって手数料などが違いますので、自分の利益が違ってきますよ。





Home > 外国為替証拠金取引(FX)入門 > 「売り」からできるのが特徴:外国為替証拠金取引(FX)

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top